転職の風当たり

転職活動を行うのに年齢というのは関係ないのではないでしょうか。しかし、若い人の転職は、比較的イメージが良くないといった風潮があるのも現実でしょう。20代で転職を考え始めた人にはとてもうなづけるのではないでしょうか。

転職経験者は、転職活動においてどのような風当たりを感じているのでしょうか。多くの新卒者が経験することでしょうが、就職活動の日々の中では、自分を演じていたという人がほとんどなのではないでしょうか。内定を勝ち取る事だけに集中し、その先に待ち受けている「労働」は、全く気にしていないでしょう。そのため、面接のノウハウや対策などに明け暮れ、履歴書を盛り、自分をよく見せる努力ばかりを行ってきたのではないでしょうか。

やみくもに応募書類を企業に送りまくり、自分をアピールしまくって入社した人たちが、次に直面するのが「自分を偽って入社したような後ろめたさ」ではないでしょうか。その結果、日を重ねるごとに居心地が悪くなり、そのうちに、ストレスから体調を崩し、1年を待たずに退社してしまうといった新卒者も少なくないでしょう。もちろん、こういった失敗は、就職活動の時点で防ぐことは可能でしょう。しかし、それを転職で繰り返さない為には、その事実を分析する必要があるでしょう。

求人サイトなどを見てやみくもにエントリーしてしまっては、失敗は目に見えているでしょう。親切なサイトなどでは、転職に当たって何が必要かといったコラムなどが掲載されているのを目にしたことがあるでしょう。徹底的に自己分析できるような項目であったり、転職のコツなどを盛り込むことができれば、転職を考えるにあたり、少しでも不安を軽くしてあげられるのではないでしょうか。

まずは、自分の寸法を見極め、身の丈の合った会社を選ぶということが出来るようになるのが望ましいでしょう。不採用通知に怯え、企業の好みの色に染まって面接を受けてしまわないよう、自分自身が何のために働くのかということと向き合えるような求人サイトを制作することができれば、転職というイメージに吹く風にも、堂々と対向していけるのではないでしょうか。

転職を考える方たちが、まっすぐに「どうして働きたいか」を抱けるサイト作りができると良いのではないでしょうか。